職人のこだわり

熟練職人には長年培ってきた想いがある

ナース鞄工の熟練職人

いつの時代にもランドセルを背負う子どもたちの笑顔にささえられ、6年間つめこむ夢を守り続けられる丈夫なランドセルを創り続けます。ナース鞄工のキッズアミランドセルは、長年のランドセル創りに励んできた熟練職人が、ひとつひとつ心を込めて創ります。

日本鞄ハンドバッグ協会 
技術認定(皮革部門)1級

中村 茂

こころざしたのは手間を惜しまない
ものづくり職人。

親戚に職人がいたことから、ものづくりに惹かれて自然と職人になっていました。袋物職人から始まりランドセル職人になり、あっという間に48年がたちました。お子さまたちが、毎日使ってくれているランドセルなので、まだまだ向上の余地を見つけて、手間を惜しまず一本一本丁寧に、丈夫に仕上げたランドセルを創り続けてまいります。

日本鞄ハンドバッグ協会 
技術認定(皮革部門)2級

山田 隆之

ランドセルを背負う子どもたちの
笑顔がやりがい。

職人になって22年がたちましたが、職人になった頃に、近くの小学生が自分の手がけたランドセルを背負っているところを見た時の感動が、今でもよみがえってきます。時代に沿った伝統や変化を捉え、夢を持ってさらに技術を磨き、アイデアや真心をランドセル創りに込めて、後輩にも伝えて行きます。

日本鞄ハンドバッグ協会 
技術認定(皮革部門)2級

岩本 信二

目指すことはこだわり続けられる
職人であること。

カバン職人として業界に入り、ランドセル創りを含めて25年の職人人生の中で、常に前向きに考え、「妥協せず」をモットーとして取り組んでまいりました。型紙から型起こしを行い、全て創れるようになりたいと思っています。手間を惜しまずこだわり続けることを自分に言い聞かせながら、最終的にご褒美として賞が取れたら最高ですね。